不動産投資を勧めない理由

不動産投資

不労所得の代名詞ともいえる不動産投資ですが、私はお勧め出来ません。

私の知人で不動産を購入している人が何人かいますが、
精神的にも金銭的にも大変という人が多いです。

そういった話なども含め、
不動産投資をお勧めしない理由を書いていきます。

不動産投資をお勧め出来ない理由

優良物件を探すのが困難

不動産投資の醍醐味と言えるのが、継続した家賃収入ですが、
誰かが部屋を借りてくれないと収入が発生しません。

駅から近いとか、築年数が浅い、ある程度設備が整っているなど、条件の良い物件で、
しかも利回りの良い物件となるとなかなか見つけることが出来ません。

悪質な不動産仲介業者に騙されないためにも、
ある程度の知識が必要となってきますし、
数ある物件の中から優良な物件を見極めるのはかなり困難です。


管理会社選びで左右される

運よく優良物件を手に入れることが出来ても、それだけでは利益は生まれません。

もっとも重要なのは、入居率を上げる事でしょう。

通常は、管理会社に物件の管理を委託する事になるのですが、
その管理会社選びが非常に重要です。

特に、入居者の募集も管理会社に任せる場合は、
しっかりと動いてもらわないと入居者が増えません。

知人も管理会社選びに失敗して、全然空室が埋まらない時期があったそうで、
「その時は、夜寝れなかった」と話していました。


ほったらかしには出来ない

不動産投資と言えば、
「管理会社に任せておけば、何もしなくても収入が得られる」
こんなイメージを抱く方が多いと思います。

実情は全然違います。

不動産投資では、とにかく空室の状態が続くのが一番怖いです。

そのために、管理会社や不動産仲介業者の手を借りる事になるのですが、
やはりそこで働いている人たちも人間です。

自分たちに良くしてくれる家主さんには協力してくれる訳ですよ。

なので、その会社の社長や担当者を飲みに連れて行ったり、
商品券などを渡したりと色々必要になってくるんですね。


ある程度の余剰資金が必要

物件を購入するための資金以外にも、様々な費用がかかってきます。

多少の修繕であれば、積み立てているなかから支払いが出来るみたいですが、
大規模な外壁工事だとかになってくると、それなりの資金が必要です。

特に、エレベーターが付いている物件の場合はいつ壊れてもいいように、
資金をプールしておいた方が良いようですね。

いつ壊れるか分かりませんし、壊れれば即座に修理する必要がありますから。


地理的な問題点

これは、けっこう根本的な問題かもしれません。

日本は世界有数の地震大国です。
日本の下で様々なプレートが重なり合っているので、
非常に地震がおこりやすいのはみなさんご存じのとおりです。

で、不動産物件は、地震や自然災害の影響をモロに受けるんですよね。

新耐震基準に基づいて建てられた物件でも、予想を大きく上回る揺れや地割れ、
津波や洪水などは防ぎようがありません。

つまり、この日本で
不動産物件を持っているという事自体がリスクになり得ます。

【結論】やっぱりお勧めできません

以上のようなことも織り込み済みで、
多少大変な事があっても不動産オーナーになりたいなら構わないでしょう。

でも、

  • 自動的に収入を得ることが目標
  • 不労所得を得ることが目標
  • 小資金で不労所得を構築したい

というのであれば、不動産投資は難しいでしょう。