楽をしないと大きく稼げない

楽して稼ぐ

「楽をしないと大きく稼げない」と書くと、

「えっ?一生懸命働くから稼げるんでしょ??」

こういう反応が少なからずあります。

もちろん、一生懸命に働いて稼ぐのも良いと思いますし、
多くの会社員やアルバイトの方などは、
実際に自分の時間や労働力を会社に提供して給料をもらっているので、
「稼ぐ = 一生懸命に働く」という構図が定着してしまっています。

その考え自体、一面では正しいのですが、どうしても労働者的な考えです。

本当に大きな収入を得ている人と言うのは、楽をしているから稼げているんです。


楽をしないと大きく稼げない理由

楽をするというのは、

自分が働かなくても収入を得る仕組み

を作ると言う事です。

会社の社長

例えば、社長なんかもそうです。

個人商店などは別ですが、
通常、会社の社長は社員に働いてもらう事で会社の売上を上げ、
そこから自分の収入を得ています。

会社という「仕組み」を作っているわけです。

よほどおかしな会社では無いかぎり、社長自ら飛び込み営業したり、
経理書類を作成することは有りません。
通常、会社の方向性を決めたり、様々な案件の決裁をするくらいです。

不動産投資

不動産投資でも同じことが言えます。

大金を払って(もしくは借金して)物件を購入して、
入居者募集や設備管理、内装の修繕など、全て自分でやるとなると、
とんでもない労力と時間がかかります。

通常、管理会社などに任せる事で、
「楽をして収入を得ている」ことになります。


アフィリエイト

アフィリエイトの場合は、
ウェブサーバーやメールサーバーというシステムを動かすことにより、
自動的に収入を得られる仕組みを作ることが出来ます。

いったん設定しておけば、システムが勝手に働いてくれますので、
後は多少のメンテナンスを行うくらいですからね。

その「自動化の仕組み」を数千円とか数万円の初期費用で、
複数作ることが可能なのがインターネットビジネスの凄い所です。


労働型収入は大きく稼げない

会社員やアルバイトの方は、
基本的に月給や時給といった形で会社から給料を貰っています。

こういった人が、今以上の収入を得ようとなると、
労働時間を増やすか、時給(月給)を増やすかしかありません。

労働時間を増やすにしても、一日は24時間しかありませんし、
24時間ぶっ続けで1ヶ月働くことなんてできません。

間違いなく死にますから。

仮に、本業のほかに時給1千円のアルバイトをしたとしても、
夜20時から24時の4時間働いても1日4千円ですし、
月に20日働いても8万円にしかなりません。

また、会社の給料を上げてもらうというのも難しいですよね。

年に一回の昇給があったとしても、
給料が数千円~数万円増えればいいとこでしょう。

これが、労働型収入の限界なんです。

自動化出来る仕組みを作る

楽をしないと大きく稼げないというのは、
労働型収入では大きく稼げないと言い変えることもできます。


不労所得の構築を目指すのであれば、この仕組化をしっかり理解しましょう。